横浜市粗大ごみ「楽らく回収便」

横浜市許可
横浜市粗大ごみ「楽らく回収便」

横浜の粗大ごみ回収【ポイントとFAQ】

私たちは横浜で粗大ごみの回収を行っています。横浜市でも家庭ごみを無料で収集していますが、粗大ごみの中には回収してもらえないものもあります。そのような場合でも、弊社の「楽らく回収便」をご利用いただけば、全ての不用品を処分することができます。
気になる料金は、弊社のWebサイトをご覧いただければ品目ごとに目安の価格を掲載しているので、ぜひ参考にしてください。
「楽らく回収便」であれば、品物が1点でも無料でご自宅までお伺いして、運び出しも全て弊社スタッフが行います。エレベーターがない場合や大型家具などだと別途費用がかかるケースもありますが、基本的には運び出しも積み込みも完全無料で対応しています。

横浜の粗大ごみ回収

詳しい見積価格を知りたい場合は、お電話をいただければ弊社専門のオペレーターが直接回収希望のお品物の詳細をお聞きして、金額を提示させていただきます。また、Webサイト上からでも回収希望品の写真を添付していただければ、詳細な金額を算出ことが可能です。
横浜にも粗大ごみの回収を行っている業者は複数ありますが、その中には残念ながら無許可の悪徳業者も混ざっています。株式会社ゼロ・インターナショナルでは横浜市の「一般廃棄物収集運搬業」の許可を受けているので、安心してご利用いただけます。
粗大ごみや不用品に関することで分からないことがございましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

01粗大ごみ回収とは?

粗大ごみは処分に困るものですよね。
自治体の回収は月に1度程度ですし、自治体の回収所に持っていくには、一人だと大変だし、横浜や都内のような都会だと、車や移動手段にお金がかかる場合もあります。
そこでおすすめなのが、粗大ごみ回収業者に依頼することです。
ただし、粗大ごみ回収業社に依頼するときに注意するべきポイントがあります。
それは、ちゃんと許可をとっている業者かどうかです。
粗大ごみを回収する場合は、ちゃんと自治体などから許可を受けた一般廃棄物(ごみ)収集運搬業許可が必要になります。
この許可を得ていない場合は、回収することが認められていない業者です。
よくあるケースとしては、回収した後に高額な費用を請求したり、不法投棄や不適切な処理をする業者もいるそうです。
そういったトラブルに巻き込まれないように、ちゃんと許可を持っているかどうかを確認して、粗大ごみ回収を業者に依頼するようにしましょう。

02粗大ごみ回収サービスを初めて利用する方へ

引っ越しなどで出た粗大ごみを処分したい。
そんな時におすすめなのが、粗大ごみ回収サービスを利用することです。
粗大ごみ回収サービスでは、粗大ごみ回収業社が自宅まで回収に来てくれるサービスです。(有料)
そのため、自治体で粗大ごみを処分するよりも、
1.回収場所まで運ぶ手間と労力がかからない
2.回収日まで待たなくても回収してもらえる
というメリットがあります。
なのでぜひ粗大ごみ回収サービスを積極的に利用することをおすすめしたいのですが、初めて利用する際に気をつけて欲しいことがあります。
それは、ぼったくり業者や違反している業者に引っかからないことです。
粗大ごみ回収サービスは、誰でもできるサービスではありません。
適切な資格が無い業者に回収を依頼してしまうと、最終的に不法投棄されてしまうケースもあるそうです。
また、見積もり価格は安いものの、当日回収に来た際に追加料金を請求されるというケースもよく聞きます。
こういった業者は、悪徳業者の可能性が高いので、事前に複数の粗大ごみ回収業社に見積もりを依頼して、しっかりと選ぶことをおすすめします。

粗大ごみ回収サービスを初めて利用する方へ

03粗大ごみ回収をスムーズに行う3つのポイントとは?

粗大ごみを回収してもらうのは、意外と労力がかかるものです。
しかし、あるポイントを抑えることができれば、粗大ごみの回収をスムーズに行うことが可能です。
今回は、粗大ごみをスムーズに回収してもらう3つのポイントを解説します。

1.ごみを分類しよう
粗大ごみといっても、さまざまなものがあります。
例えば大型の家具、家電、使わなくなった布団などなど、粗大ごみにも大きさも違えば種類も違うものがたくさんあるのです。
粗大ごみ回収をお願いする際は、この周囲別に分類しておくと、スムーズに回収してもらいやすくなるのでまとめておきましょう。

2.解体してみよう
大型の家具などは、運び出すのも一苦労。
そのため、自分で回収場所まで持っていく場合はもちろん、回収してもらえる場合でも、可能な限り解体しておくことをおすすめします。
ソファーへベッドなど、木製のものについては、ノコギリなどを使って細かくしても良いですね。

3.捨てるかどうかわからないものは保留しよう
捨てるかどうか判断が迷うものは、保留にしておきましょう。
粗大ごみを回収してもらうポイントは、捨てるものを明確にすること。
迷うものを考えて手が止まってしまうのはもったいないので、迷うものはとりあえず保留するようにしてください。

04横浜市における粗大ごみの種類をご紹介します。

横浜市における粗大ごみの種類をご紹介します。

規定は、「家庭から出るゴミのうち、一番長い辺が、金属製品で30センチメートル以上のもの、それ以外(プラスチック商品、木製品など)で50センチメートル以上のもの」とされています。
こうしたゴミは、ゴミ集積場にそのまま置くことは禁止されています。市に連絡し回収を依頼しなければなりません。ただし、事前に対象のゴミの回収の可否を調べる必要がありますし、市の回収と言えども料金が発生します。こうした場合は、不用品回収業者やリサイクル専門業者を利用することをおすすめします。
業者に頼む際は、基本的には電話1本でとても手軽です。場合によっては売却も可能になるので、負担額を減らして処分することが可能なのです。
買取金額が気になる場合は、回収希望商品のメーカー名や型番、製造年を事前に知らせると、おおまかな金額を教えてくれることもありますが、必須ではありません。ただ、外箱や取扱説明書があると、ない場合と比べて価値が急激に上昇します。買取価格も上がるのです。
家のどこかに付属品が眠っている可能性がある場合には、見つけ出すことがよりお得な引き渡しに繋がり、賢い方法と言えるでしょう。

05粗大ごみの回収の対応エリアについて

粗大ごみの回収に対応エリアの制限はありません。全国各地で粗大ごみ回収専門業者が活躍しています。

手軽に処分を依頼するのであれば、お住いの近くの業者に依頼することが最善です。地元で評判の業者をインターネット上で探してみましょう。その上で、クチコミや近所での評判を収集しながら発注業者を選定していきます。

優良業者というのは、得てして情報公開への対応に優れています。ホームページ上には目安の価格から発注のプロセス、追加可能なオプションなどが並んでいます。Q&A も充実していれば、あなたの感じる疑問にすでに先回りした回答があるかもしれません。

最終的な業者選定の前には、類似業者で相見積もりを取ることをおすすめします。相見積もりとは複数の業者から見積を取り寄せ、その中身を比較検討し発注業者を決定する作業のことです。横浜市であれば、類似のサービスを提供している業者は数多くあります。この際、価格を重視される方が多いですが、作業のクオリティは値段だけでは見極めが難しいです。見積もりの中の内訳にも注目してみましょう。

お住まいのエリアで、あなたの要望にピッタリの業者をぜひ見つけてみてください。

FAQ一覧

PageTop

家庭ごみは、横浜市が無料で収集しています。(粗大ごみは有料です)
横浜市では、大量の粗大ゴミは回収できない場合がありますので、一度、横浜市資源循環局でご確認ください。
横浜市で回収できない場合は、弊社の「楽らく回収便」をご利用ください。
  • お電話で見積り依頼
  • 品目入力で見積り依頼
  • 写真で見積り依頼
横浜市粗大ごみ「楽らく回収便」