横浜市粗大ごみ「楽らく回収便」

横浜市許可
横浜市粗大ごみ「楽らく回収便」

横浜の粗大ごみ回収【ポイントとFAQ】

私たちは横浜で粗大ごみの回収を行っています。横浜市でも家庭ごみを無料で収集していますが、粗大ごみの中には回収してもらえないものもあります。そのような場合でも、弊社の「楽らく回収便」をご利用いただけば、全ての不用品を処分することができます。
気になる料金は、弊社のWebサイトをご覧いただければ品目ごとに目安の価格を掲載しているので、ぜひ参考にしてください。
「楽らく回収便」であれば、品物が1点でも無料でご自宅までお伺いして、運び出しも全て弊社スタッフが行います。エレベーターがない場合や大型家具などだと別途費用がかかるケースもありますが、基本的には運び出しも積み込みも完全無料で対応しています。

横浜の粗大ごみ回収

詳しい見積価格を知りたい場合は、お電話をいただければ弊社専門のオペレーターが直接回収希望のお品物の詳細をお聞きして、金額を提示させていただきます。また、Webサイト上からでも回収希望品の写真を添付していただければ、詳細な金額を算出ことが可能です。
横浜にも粗大ごみの回収を行っている業者は複数ありますが、その中には残念ながら無許可の悪徳業者も混ざっています。株式会社ゼロ・インターナショナルでは横浜市の「一般廃棄物収集運搬業」の許可を受けているので、安心してご利用いただけます。
粗大ごみや不用品に関することで分からないことがございましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

01粗大ごみ回収とは?

粗大ごみは処分に困るものですよね。
自治体の回収は月に1度程度ですし、自治体の回収所に持っていくには、一人だと大変だし、横浜や都内のような都会だと、車や移動手段にお金がかかる場合もあります。
そこでおすすめなのが、粗大ごみ回収業者に依頼することです。
ただし、粗大ごみ回収業社に依頼するときに注意するべきポイントがあります。
それは、ちゃんと許可をとっている業者かどうかです。
粗大ごみを回収する場合は、ちゃんと自治体などから許可を受けた一般廃棄物(ごみ)収集運搬業許可が必要になります。
この許可を得ていない場合は、回収することが認められていない業者です。
よくあるケースとしては、回収した後に高額な費用を請求したり、不法投棄や不適切な処理をする業者もいるそうです。
そういったトラブルに巻き込まれないように、ちゃんと許可を持っているかどうかを確認して、粗大ごみ回収を業者に依頼するようにしましょう。

02粗大ごみ回収サービスを初めて利用する方へ

引っ越しなどで出た粗大ごみを処分したい。
そんな時におすすめなのが、粗大ごみ回収サービスを利用することです。
粗大ごみ回収サービスでは、粗大ごみ回収業社が自宅まで回収に来てくれるサービスです。(有料)
そのため、自治体で粗大ごみを処分するよりも、
1.回収場所まで運ぶ手間と労力がかからない
2.回収日まで待たなくても回収してもらえる
というメリットがあります。
なのでぜひ粗大ごみ回収サービスを積極的に利用することをおすすめしたいのですが、初めて利用する際に気をつけて欲しいことがあります。
それは、ぼったくり業者や違反している業者に引っかからないことです。
粗大ごみ回収サービスは、誰でもできるサービスではありません。
適切な資格が無い業者に回収を依頼してしまうと、最終的に不法投棄されてしまうケースもあるそうです。
また、見積もり価格は安いものの、当日回収に来た際に追加料金を請求されるというケースもよく聞きます。
こういった業者は、悪徳業者の可能性が高いので、事前に複数の粗大ごみ回収業社に見積もりを依頼して、しっかりと選ぶことをおすすめします。

粗大ごみ回収サービスを初めて利用する方へ

03粗大ごみ回収をスムーズに行う3つのポイントとは?

粗大ごみを回収してもらうのは、意外と労力がかかるものです。
しかし、あるポイントを抑えることができれば、粗大ごみの回収をスムーズに行うことが可能です。
今回は、粗大ごみをスムーズに回収してもらう3つのポイントを解説します。

1.ごみを分類しよう
粗大ごみといっても、さまざまなものがあります。
例えば大型の家具、家電、使わなくなった布団などなど、粗大ごみにも大きさも違えば種類も違うものがたくさんあるのです。
粗大ごみ回収をお願いする際は、この周囲別に分類しておくと、スムーズに回収してもらいやすくなるのでまとめておきましょう。

2.解体してみよう
大型の家具などは、運び出すのも一苦労。
そのため、自分で回収場所まで持っていく場合はもちろん、回収してもらえる場合でも、可能な限り解体しておくことをおすすめします。
ソファーへベッドなど、木製のものについては、ノコギリなどを使って細かくしても良いですね。

3.捨てるかどうかわからないものは保留しよう
捨てるかどうか判断が迷うものは、保留にしておきましょう。
粗大ごみを回収してもらうポイントは、捨てるものを明確にすること。
迷うものを考えて手が止まってしまうのはもったいないので、迷うものはとりあえず保留するようにしてください。

04横浜市における粗大ごみの種類をご紹介します。

横浜市における粗大ごみの種類をご紹介します。

規定は、「家庭から出るゴミのうち、一番長い辺が、金属製品で30センチメートル以上のもの、それ以外(プラスチック商品、木製品など)で50センチメートル以上のもの」とされています。
こうしたゴミは、ゴミ集積場にそのまま置くことは禁止されています。市に連絡し回収を依頼しなければなりません。ただし、事前に対象のゴミの回収の可否を調べる必要がありますし、市の回収と言えども料金が発生します。こうした場合は、不用品回収業者やリサイクル専門業者を利用することをおすすめします。
業者に頼む際は、基本的には電話1本でとても手軽です。場合によっては売却も可能になるので、負担額を減らして処分することが可能なのです。
買取金額が気になる場合は、回収希望商品のメーカー名や型番、製造年を事前に知らせると、おおまかな金額を教えてくれることもありますが、必須ではありません。ただ、外箱や取扱説明書があると、ない場合と比べて価値が急激に上昇します。買取価格も上がるのです。
家のどこかに付属品が眠っている可能性がある場合には、見つけ出すことがよりお得な引き渡しに繋がり、賢い方法と言えるでしょう。

05粗大ごみの回収の対応エリアについて

粗大ごみの回収に対応エリアの制限はありません。全国各地で粗大ごみ回収専門業者が活躍しています。

手軽に処分を依頼するのであれば、お住いの近くの業者に依頼することが最善です。地元で評判の業者をインターネット上で探してみましょう。その上で、クチコミや近所での評判を収集しながら発注業者を選定していきます。

優良業者というのは、得てして情報公開への対応に優れています。ホームページ上には目安の価格から発注のプロセス、追加可能なオプションなどが並んでいます。Q&A も充実していれば、あなたの感じる疑問にすでに先回りした回答があるかもしれません。

最終的な業者選定の前には、類似業者で相見積もりを取ることをおすすめします。相見積もりとは複数の業者から見積を取り寄せ、その中身を比較検討し発注業者を決定する作業のことです。横浜市であれば、類似のサービスを提供している業者は数多くあります。この際、価格を重視される方が多いですが、作業のクオリティは値段だけでは見極めが難しいです。見積もりの中の内訳にも注目してみましょう。

お住まいのエリアで、あなたの要望にピッタリの業者をぜひ見つけてみてください。

06横浜で粗大ごみ回収を依頼する際の費用の目安

自治体によって粗大ごみの回収方法はまちまちです。横浜市も粗大ゴミを扱っています、食器棚1000円など、手数料が必要でまた収集依頼の際のルールも細かく決められています。長年住んでいて慣れている方ならいいのですが、初めての場合は対応がなかなか難しいこともあります。
そんな時リサイクル買取専門業者の存在は重宝します。本来であれば支払わなければならない手数料はなく、買取が成立すれば代金を手に入れることができます。
買取依頼の際は、鑑定人のバックグラウンドが重要です。売りたいものに関しての専門知識の有無で買取価格が変わってしまいます。リサイクル買取業者に依頼する際には買取希望品目のリストは予め渡しておくことが大切です。

横浜で粗大ごみ回収を依頼する際の費用の目安

では専門業者を選ぶ際の基準にはどんなものがあるのでしょうか。リサイクル買取であれば、「買取対応品目」「買取経験数」「情報の発信力」はぜひチェックしたいところです。こうしたポイントは専門業者のホームページで確認できます。マメな業者であれば更新頻度は高いですし、買取強化品目の詳細も解説しています。過去に買い取った商品の写真が多ければ、信頼感も大きくなるので忘れずに確認することが大切です。

07横浜市で粗大ごみ回収を依頼する際の3つのポイント

01処分したいものを決めましょう。

白物家電の買い替えに伴い依頼する、といったような場合を除き、漠然と断捨離を思い立ったり、引っ越しに伴い粗大ごみ回収を検討しているというケースでは、具体的にどんなものを処分したいのかを明確にして、リストアップしておきましょう。業者選びの際にはリストにそって見積もりを依頼したり、対象商品の取り扱いが可能かどうかの確認をするのに役立ちます。

02処分時期を決めましょう。

引っ越しの多い時期には粗大ごみ回収業者も繁忙期となり、業者によっては料金が高くなります。具体的には、新学期や転勤の時期でもある2月から4月が繁忙期となり、その他の季節よりも料金が上がる傾向にあります。特に急ぐ理由がないのであれば、避けたほうがリーズナブルに利用できるかも知れません。

03最適な業者を選びましょう。

処分したいものと実施する時期が決まったら、最適な業者を探しましょう。ほとんどの業者がホームページを持っているので、料金表や作業の流れ、口コミなどをチェックします。複数の業者から相見積もりをとって比較するのも賢い方法と言えます。

08横浜市の粗大ごみ回収業者の他との違いは?

粗大ごみを回収してほしい。
そんな時に、粗大ごみ回収業社がおすすめなのですが、ひとことで「粗大ごみ回収業社」と言ってもたくさんの種類があります。
そんな時、依頼したい粗大ごみ回収業社と、他との違いはどんなところを見れば良いのでしょうか?
ポイントはいくつかありますが、最大の違いは「見積もり」です。
見積もりと言っても、特に注目してほしい違いとしては、概算の見積もりがしっかりと提示されているかどうかです。

例えば、
・テーブル→2,000円
・ダイニングテーブル→2,000円〜5,000円
・自転車→1,500円


のように、概算見積もり、いわゆる「料金表」がしっかりと提示されているかどうかはとても重要なポイントです。
こういうものがないと、全ての粗大ごみ回収業者が・・・とまでは言いませんが、一部には実際に家に来て査定した結果、法外な金額を請求されることも・・・。
断ろうにも、「見積もりを取りに来たのに!」と依頼するまで帰ってくれないという悪徳業者も中にはいると聞いています。
しっかりとホームページに料金が記載されていれば、そこから逆算して、依頼時に金額の確認ができるので、トラブル防止、時間の短縮にもつながるでしょう。

09横浜市内で粗大ごみ回収を依頼する際の相談事例

横浜市内で粗大ごみ回収を依頼する際の相談事例

粗大ごみ回収を依頼する際の相談事例をご紹介しましょう。
よくある相談に、「粗大ごみはどうやって処分すればいいのかよくわからない」というものがあります。特に横浜市は分別が細かく、粗大ごみの回収に関してもいくつかの条件があります。こうした条件を事前に調べ、トラブルなく回収してもらうのは、初心者には難しい一面もあります。こういった際には、経験豊富な粗大ごみ処分の専門業者に処分を依頼することをおすすめします。
業者側で引き取った際に自社処分か行政に依頼しての処分かを判断し、後者の場合は基準に則って手続きしてくれます。もし二次流通が可能であれば、あなたの手を離れた後、他の環境で引き続き使い続けられることでしょう。
インターネットを利用して、お住いの地域名と「粗大ごみ回収」の2つのキーワードで検索してみてください。いくつかの業者がリストアップされます。その中から話しやすい業者を選び、回収してもらいたい物のリストを提示しましょう。
大きさと量によって処分費用が異なるので、注意が必要です。トラックの大きさと日程が決まれば、必要な代金を提示してくれます。

10横浜市で粗大ごみ回収の依頼を検討する際によくある3つの質問

粗大ごみ回収の依頼を検討する際によく出る、3つの質問にご回答しましょう。
質問 粗大ごみはゴミ清掃センターに持ち込めないのですか?
回答 横浜市の場合、粗大ごみ受付センターが設置されていて、そこに持ち込むことができます。ただし、受け入れ可能なもの、受け入れ時間などの条件が厳しいため、事前に念入りに情報収集を行わないと、せっかく出向いてもそのまま持ち帰ることになりかねないため、注意が必要です。
質問 粗大ごみ回収専門業者を利用するメリットはなんですか?
回答 最大のメリットは、行政の制限に関係なく、回収を依頼できることです。複数の製品の回収を依頼する場合でも仕分ける必要がありません。まずはご相談ください。
質問 できるだけ処分費用は抑えたいです。
回答 複数の業者に回収希望製品のリストを送り、見積もりを出してもらいましょう。その中からサービスが行き届いていてリーズナブルな価格を提供している業者を選びます。ただし、価格だけで選ぶことはおすすめしません。受け取りにきてくれない・追加請求があったなどトラブルが起こる可能性があるのでご注意ください。

11横浜市で粗大ごみ回収業者選びをする際の注意

POINT 粗大ごみ回収は地方によってその方法が異なります。横浜市では分別も細かく、粗大ごみを捨てるのであっても若干ハードルが高いのが特徴です。粗大ごみ回収業者を選ぶ際にはきちんと法規や条例を遵守しているかチェックしましょう。
こういった事項のチェックにはホームページの確認が一番です。横浜市が発行している許可証もしくはバッジも貼り付けられていたら申し分ありません。
次に確認すべきは回収対象製品です。多くのものが回収対象で引き取ってもらえるのですが、中には回収できないものもあります。今一度確認しましょう。
最後に行うのは処分するものの量の確認です。単品ですむのか、大型トラックが必要な規模なのかチェックします。その上で回収依頼の電話をしましょう。
業者によっては引っ越し直前の大量処分やゴミ屋敷処分に対応しているところもあります。
なお粗大ごみ回収業者を利用する場合には買取作業はありません。すこしでも現金化しようとお考えでしたら、まずは不用品買取専門業者にコンタクトを取り査定の依頼から進めることをおすすめします。

12横浜市で粗大ゴミ回収を依頼する際に使える業界用語

一般廃棄物許可業

粗大ごみの処分は、普段頻繁に行うものではないこともあり、なかなか自力では難しいところもある作業です。自治体によっては分別の方法や引き取りの予約など、事前準備が面倒なところも存在します。そこで登場するのが粗大ゴミ回収専門業者です。
行政に認可されている業者であれば、同時に一般廃棄物許可業の認定を受けているところも多くあります。この認定は店舗やホームページ上に掲げられているのですぐに見つけることができるでしょう。この認定を受けている業者であれば、各自治体の廃棄物処理ルールに則った形で粗大ごみを処分してくれます。処分費用はもちろんかかってしまうのですが、自力で処分を検討した場合、上述の事前準備や申請に時間がかかってしまいます。
またせっかく自分で持っていけたとしても、受取拒否にあってしまっては目も当てられません。プロの存在は生活を楽にすることのみならず時間の有効活用にも繋がります。粗大ごみの処分を件を検討する際には、まず、一般廃棄物許可業の認定を取得している専門業者にご一報ください。

FAQ一覧

PageTop

家庭ごみは、横浜市が無料で収集しています。(粗大ごみは有料です)
横浜市では、大量の粗大ゴミは回収できない場合がありますので、一度、横浜市資源循環局でご確認ください。
横浜市で回収できない場合は、弊社の「楽らく回収便」をご利用ください。
  • お電話で見積り依頼
  • 品目入力で見積り依頼
  • 写真で見積り依頼
横浜市粗大ごみ「楽らく回収便」